玉座の間

短期職歴持ちの病人が、公務員試験に向けて勉強したりポケモンしたりするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ORASシングル】シーズン8使用PT ポリ2クチート構築【レート2000達成】

0.はじめに

 はじめまして、カイザーと申します。

 私はORASからレートを始めたのですが、シーズン7は多忙であまり潜る事が出来ず、今回のシーズン8が本格的にレートに挑戦した初めてのシーズンとなります。今シーズンはレートがインフレしておりますが、初挑戦でレート2000以上を達成できたという事は自分にとっては大変大きな成果であり、その記念として拙いながらも構築記事を載せてみる事にしました。

 以下、解説記事となります。
レート2000

1.パーティ一覧

名前 性格 持ち物 技1 技2 技3 技4
クチート いじっぱり クチートナイト 不意打ち 剣の舞 叩き落とす じゃれつく
ポリゴン2 ひかえめ 進化の輝石 トライアタック シャドーボール めざ地 トリックルーム
クレセリア ずぶとい ゴツゴツメット サイコキネシス 月の光 三日月の舞 トリックルーム
カイリュー いじっぱり 拘り鉢巻 逆鱗 神速 地震 炎のパンチ
キノガッサ いじっぱり 気合の襷 キノコの胞子 マッハパンチ 岩石封じ タネマシンガン
ゲンガー おくびょう ゲンガナイト 祟り目 鬼火 ヘドロ爆弾 凍える風


2.構築背景

 私は当初、ナットスイクンを軸とした受け回し重視のパーティを使用してレートに潜っていたのですが、急所負けが非常に多く、またメガシンカによる種族値の暴力を受けきれない局面が増えた事、加えて初手で不利対面を引くとリカバリーが難しい事に気付き、構築を変更する事にしました。
 次に、「初手の不利対面を作らない」「こちらの構築を相手に押し付ける」という要素を軸にバトンパーティを組んだところ、基本ギミックがしっかりしているため不利対面による事故や構築負けが減り、レート1900までは到達できたのですが、急所による運負けが全体の4割近くを占めた為、限界を感じてこれも解体。バトン構築を使っている最中、クチート軸のトリックルーム構築に非常に苦戦した事から、その構築に目をつけ、前述の二点に着目した上で改めて組んでみる事にしました。
 現環境はメガシンカをはじめとする高種族値のスタンダードパーティが非常に多く、後手に回ると非常に不利な戦いを強いられるため、対面性能・安定性を重視した構築を心掛けました。命中不安定技も少なく、何度も相手の攻撃を受ける局面が少ない為、運負けしにくく運勝ちしやすい構築になっていると思います。


3.個別解説

メガクチート

クチート@メガストーン

性格:いじっぱり
特性:威嚇→力持ち
努力値:252-252-4-*-*-*
実数値(メガ後):157-172-145-*-116-70
技:不意打ち、剣の舞、叩き落とす、じゃれつく

 強烈な火力と縛り性能を持ち、一度有利対面で舞えばガブリアスやリザードンすら不意打ちで縛る事が出来ます。ナットレイに対しては剣の舞→叩き落とすで十分、クチートミラーでは相手のクチートに後出しで威嚇を入れる事で有利に立ち回れるので、炎技が必要な局面はあまり感じませんでした。
 クチートをお使いの方はお分かりだと思いますが、とにかく択ゲーが非常に多い為、相手の後続や出方を予想して立ち回る事が重要です。後出しで良くヒードランやカバルドンが飛んでくるので、交代読みで叩き落とすを入れて後続で有利に立ち回れるようにします。
 サンダーやスイクンでこの子を受けようとしてくる人がいますが、剣の舞からの攻撃を耐えられない為、後出しはほぼ不可能です。よく見る物理受けの大抵には強く、剣の舞→不意打ちによる縛り性能が高いので、積極的に選出していけます。カバルドンには勝てないので注意。


ポリゴン2

ポリゴン2@進化の輝石

性格:ひかえめ
特性:ダウンロード
努力値:244-*-28-200-*-36
実数値:191-*-114-165-115-85
技:トライアタック、シャドーボール、目覚めるパワー地面、トリックルーム

 配分はHCベース。意地ガブリアスの逆鱗を2耐え(41.3%~49.2%)出来るレベルまでBに割き、ギルガルド・ニンフィアを意識してSに若干配分。ギルガルドとの対面はSを確認する事で、トリックルームを使うべきか使わざるべきかを判断します。一般的なギルガルドであれば大体勝てますが、最近増えている珠+剣の舞+聖なる剣のギルガルドには一撃で倒されるので注意が必要。
 よく先発で投げるポケモンですが、相手に格闘タイプがいる場合は注意。それ以外でポリゴン2を一撃で倒してくる個体やキノガッサのような例外がいなければ、基本的に先発でトリックルームを撒きつつ暴れ、適当な所で退場します。
 最近はかなり対策されていますが、それでもCが一段階上昇した時の破壊力は絶大で、3タテする事もザラにあります。火力、耐久共に非常に優秀な性能を持っており、安心して運用できる他、トライアタックの追加効果が強力なので、試行回数を稼ぐ事で思わぬ勝ち筋を生んでくれる事もあります。レート2000突破出来たのはこの子のお陰。


クレセリア

クレセリア@ゴツゴツメット

性格:ずぶとい
特性:浮遊
努力値:252-*-252-*-4-*
実数値:227-*-189-95-151-105
技:サイコキネシス、月の光、三日月の舞、トリックルーム

 ガルーラに後投げしたり、消耗したクチートやポリゴン2を回復させるための機械。トリックルーム構築だとCに割いた個体が多いようですが、他の個体の流用である為図太いHB特化。基本的に見せポケであり、選出した時も使い捨てで雑に運用する為、火力が必要な局面はあまりありませんでした。
 今回は場持ちを良くするオボンではなく、ゴツゴツメットを採用しています。接触技でスリップダメージを入れる事によって、相手をクチートや後述するカイリュー・キノガッサの先制技の圏内に入れる目的がある為です。
 環境にウルガモスやヘラクロスが増加しており、起点になる・腐る事を恐れてあまり選出は出来ませんでしたが、出した試合はトリックルーム+蘇生要員として活躍してくれました。


カイリュー

カイリュー@拘り鉢巻

性格:いじっぱり
特性:マルチスケイル
努力値:68-252-4-*-4-180
実数値:175-204-116-*-121-123
技:逆鱗、神速、地震、炎のパンチ

 クチートとの相互補完の良さと、対面性能の高さから入ってきたポケモン。終盤の掃除役を主に担う為A特化、トリックルーム構築の天敵であるキノガッサを意識して、意地っ張りキノガッサを抜ける程度までSに振り、残りをH。耐久面が少し不安ですが、キノガッサ対面でこの調整が生きた事もあったため、一長一短。
 フェアリーと鋼が環境に非常に多い為、序盤に投げて一匹始末するという動きは殆ど出来ませんでした。しかし、マルチスケイルと拘り鉢巻による対面性能は非常に強力で、終盤に削れた相手を薙ぎ払う役割をよく引き受けてくれました。
 強力なポケモンであり、実際活躍の場もそれなりにあったのですが、技を固定されてしまうととても戦いにくい局面が多かったので、ここは要調整かもしれません。


キノガッサ

キノガッサ@気合の襷

性格:いじっぱり
特性:テクニシャン
努力値:*-252-4-*-*-252
実数値:135-200-101-*-80-122
技:キノコの胞子、マッハパンチ、岩石封じ、タネマシンガン

 最強の対面性能を持つポケモン。対面性能を意識した構築なので、すんなり入って来てくれました。襷と胞子で常にワンチャンスを作り出し、負けたと思った試合を何度もひっくり返してくれた偉い子。
 配分は意地っ張りガッサのテンプレートです。初手に投げてクチートでは厳しいカバルドンやキノガッサを牽制する、死に出しから胞子でハメる、襷を盾に最後の掃除役をする、と役割は多彩。一度だけ、気合の襷を持たせ忘れて負けるという途轍もない凡ミスをしたので、皆さんはそうならないよう気を付けましょう。
 クチートやポリゴン2で暴れた後に最後の一匹として削りに行く事が多く、襷さえ残っていれば無類の性能を発揮します。初手でステロを撒いてきそうな輩に対しては、後述のゲンガーで処理する事で対処していますが、襷を削られてしまうと性能がガタ落ちするので注意。


メガゲンガー

ゲンガー@メガストーン

性格:おくびょう
特性:浮遊→影踏み
努力値:188-*-12-52-4-252
実数値(メガ後):159-*-102-197-116-200
技:祟り目、鬼火、ヘドロ爆弾、凍える風

 最後に入ってきたポケモン。カイリューやキノガッサの襷を削って来るステロ展開、グロウパンチ+捨て身タックルでポリゴン2やクレセリアを吹っ飛ばして来るメガガルーラ、構築上どうしても重くなるフシギバナやキノガッサに対しての補完が主な役割です。クチートが出しにくい構築に対して選出していきます。
 配分に関しては、某所で見つけたものを参考にしました。Sは最速、HBのラインはガブリアスの逆鱗を確定耐えするまで振り、残りをCとDに割り振っています。少し数字が足りず、凍える風でガブリアスやメガボーマンダが2~3割程度の低乱数になってしまうのが残念。
 ポリゴン2のトライアタックや、後続の展開を補助する鬼火との兼ね合いを考えて祟り目を採用していますが、ゲンガー自体の選出が少なく、あまりこのポケモンを上手く運用出来なかったので改良の余地があるかもしれません。
 ステロ展開に対しては、先発で凍える風を叩き込む事でステロを撒く隙を与えません。キノガッサやカイリューのHPを温存する事が出来るので、ステロ展開の後に出てくる積みエースに対して有利に戦う事が出来ます。


5.選出・立ち回り等

・ポリゴン2+クチート+キノガッサorカイリュー
 
 相手のパーティに、ポリゴン2に対して壊滅的な打撃を与えてくるポケモン(バシャーモ、ローブシン、キノガッサ等)がいなければ基本的にこの選出で対応します。ポリゴン2でトリックルームを撒きつつ暴れ、ダメージレースで有利に立ち回ります。
 先制技持ちのポケモンが3体入っているため、相手を先制技の圏内に入れて縛るプレイングを意識します。特にクチートは剣の舞→不意打ちの縛り性能が非常に高い為(無振りガブがほぼ9割の確率で飛ぶ)、有利対面を作ったら積極的に舞っていくと圧力を掛けられます。叩き落とすを撃った方が良い局面もあるためここは見極めが重要。
 よく初手にゲンガーが飛んできますが、トリックルームを初手で選んでからシャドーボールで押し切ります。道連れでポリゴン2が落とされる事もありますが、こちらはトリックルームを撒きつつ相手のメガポケモンを処理出来ているため、アドバンテージ的にはこちら側が有利です。
 交換をなるべく抑えて対面から優勢を維持し、数的優位を保ったまま試合を進める対面構築の戦い方が基本となります。

・ポリゴン2+クチート+クレセリア

 キノガッサもカイリューも選出が難しく、クチート・ポリゴン2を何度か利用したい場合にはこの選出をします。具体的にはガルーラ、バシャーモ、ボーマンダ等の大火力且つ対面から撃ち負けそうなポケモンが複数見えた時ですね。
 基本に忠実に、ポリゴン2でトリルを撒きつつ暴れ、途中でクチートを展開し、終盤でクレセリアを挟んでポリゴン2かクチートを蘇生させて再展開するという戦術を取ります。ポリ2クチートクレセの並びは有名ですが、環境にウルガモスやヘラクロス、スイクンといった相手が多かった為、この選出は控えめでした。

・ゲンガー+キノガッサ+カイリュー

 ステロ展開や、クチートを選出しにくいパーティに対してはこの選出。具体的には、カバルドン+ルカリオをはじめとする積みサイクルや起点構築、クチートが苦手且つクレセリアを起点にしてくるキノガッサ・ウルガモス等が多く見えた場合です。
 ステロ展開に対してはゲンガーの凍える風で初手の地面タイプを処理し、そのまま二体目にも打撃を与える事で、数的優位を保ったまま後続のキノガッサ・カイリューで押し切ります。


6.改善点

 この構築には地面タイプ・電気タイプが存在しない為、電気技の一貫が凄まじい事になっています。電磁波に対しては、1/4の行動不能こそあるもののトリックルームによって逆に優位に立つ事が出来ますが、有利対面から大火力の電気技を連打されるとあっという間にパーティが崩壊します。化身ボルトロス、ロトムに対しては隙が少ないですが、ライコウやCに厚く振ったサンダーはかなり重めです。
 また、クチートとキノガッサを見て出てくるナットレイも厳しいです。単体ならクチートで処理出来ますが、ナットレイ+クチートに有利なポケモン、という組み合わせをされると非常に厳しくなってくるので、ここは要改善でしょう。
 その他に厳しい相手としては、眼鏡ニンフィアやヒードランが挙げられます。ヒードランは立ち回り次第で処理出来ますが、眼鏡ニンフィアには誰も後出しが出来ない為(クチートも吹っ飛ぶ)、どうしようもありません。


7.まとめ

 現環境は、ガルーラを軸とした高種族値スタンダードパーティと受けループが上位層を占めていますが、それらに対しSを逆転する・大火力を押し付ける事で縛っていけるトリックルーム構築はかなりの強みを持っていると思います。トリックルームのみに拘らず、対面性能を軸に組んだ事で、選出負けやトリックルームを展開できない場合の敗北が少なく、相手に依存しない・命中不安定技を極力採用しない事で不確定要素を減らしている事も、安定性と勝率が求められるレートという場所に合っているのではないかと感じました。
 これはレートの闇に呑まれて1600中盤まで落ちたところから使い始めた構築ですが、54試合中38勝16敗(勝率約70%)という戦績で2000を突破する事が出来たので、個人的にはかなり満足しています。2000を突破したのが最後の一日だったため、もっと早期からレートに潜っていれば更に上位に行けたかもしれません。
 来シーズンは就職と被ってしまう為時間が十分に割けないかもしれませんが、引き続きレート2000を目標にして頑張っていきたいと思います。

 何かありましたら、twitter【@kaizer_6525】までどうぞ。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/16(月) 23:07:57|
  2. ポケモン
  3. | コメント:0
<<ターミネーター【新起動】&マッドマックス【怒りのデス・ロード】の感想 | ホーム | 始めました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。